深く、濃く、美しく
新潟を伝える保存版観光誌

新潟発R応援団お申し込みはこちら

新潟移住情報

1.佐渡市

日本海の中央に位置する、日本最大の島。面積は東京23区の約1.4倍。トキが生息することや美しい海岸線などで知られる。3つの世界的な遺産である「世界農業遺産」、「金銀山遺跡群などの文化遺産」、「ジオパーク」など、豊富な資源を持つ。

交通アクセス カーフェリー:新潟港⇔両津港 約2時間30分
ジェットフォイル:新潟港⇔両津港 約65分

新潟市まで車 関越自動車道で練馬ICから約3時間40分
JR 東京駅から上越新幹線で約2時間
対象 佐渡市へ移住を希望・検討している人
利用期間 1カ月以上6カ月まで
利用方法 ①佐渡市地域振興課離島交流係TEL0259-63-4152へ電話連絡(住宅の空き状況、希望日時、使用目的などを事前確認後、仮予約)
②借受開始の10日前までに、借受申請書を提出
③貸付許可書が発行され、佐渡市と賃貸借契約書を締結
④貸付料の納入通知書に従い、住宅借受開始日までに前納

《問い合わせ申し込み先》
佐渡市役所地域振興課移住定住促進係 TEL.0259-63-4152
https://www.city.sado.niigata.jp/z_ot/u_i_turn/index.html

詳しい情報は本誌をご覧ください『新潟発R』販売情報


2.関川村

県の北東部、山形県小国町との県境に位置する。朝日飯豊(いいで)連峰に囲まれた、自然豊かな盆地。面積は東京23区の半分以上という広さだが、その88%は山林原野。

交通アクセス 車:練馬ICから関越自動車道長岡JC経由、日本海東北自動車道
荒川胎内IC、R113で約4時間45分
JR:東京駅から上越新幹線で新潟駅乗り換え、白新線・米坂本線・
羽越線経由で約2時間40分
対象 関川村への定住を考えている人
都市からの来訪者の交流の場として利用
利用期間 1日から6カ月まで
利用方法 事前申し込みが必要。使用許可申請書に記入し申し込み

《問い合わせ申し込み先》
関川村総務課企画財政班 TEL.0254-64-1476
http://www.vill.sekikawa.niigata.jp/info/somu/inakagurasi/index.html

詳しい情報は本誌をご覧ください『新潟発R』販売情報


3.十日町市

棚田やブナ林などの美しい自然が広がる。隣接する津南町とともに、越後妻有地域の里山などを舞台に3年に1度、「大地の芸術祭」が開催される。きもののまちとしての歴史を持ち、布海苔(ふのり)をつなぎに打つ「へぎそば」も有名。

交通アクセス 車:練馬ICから関越自動車道塩沢石打IC、
R353で約3時間
JR:東京駅から上越新幹線で越後湯沢駅乗り換え、
ほくほく線経由で約1時間50分
対象 十日町市への移住、定住を検討している単身者で、十日町市外在住、もしくは入居申請時点で十日町市への転入1年以内の人。上記に当てはまらないものの十日町市への移住、定住を検討していて、シェアハウスへの入居を強く希望している人(面接あり)
利用期間 1カ月以上3年以内
利用方法 ①入居希望申請書、入居希望面接カード、面接日時等希望調書をホームページからダウンロードし、郵送または電子メールで提出
②現地施設見学及び面接

《問い合わせ申し込み先》
十日町市役所産業観光部農林課農業企画係 TEL.025-757-3120
電子メール t-norin@city.tokamachi.lg.jp

詳しい情報は本誌をご覧ください『新潟発R』販売情報


4.津南町

県の最南端に位置し、千曲川が信濃川と名前を変える長野県境の町。信濃川に合流する志久見(しくみ)川、中津(なかつ)川、清津(きよつ)川の3つの河川に沿って、雄大な河岸段丘が形成されている。雪解けのブナの芽吹きや夏のヒマワリ畑、秋の紅葉など、自然の美しい景観も楽しみ。「大地の芸術祭」の開催地でもある。

交通アクセス 車:練馬ICから関越自動車道塩沢石打IC、R353、
R117経由で約2時間30分
JR:東京駅から上越新幹線越後湯沢駅乗り換え、越後
交通バス津南行きで約2時間15分
対象 町外在住者で津南への移住を検討し、集落の行事に積極的に参加できる人
利用期間 1週間から3カ月まで
利用方法 津南町地域振興課グリーンツーリズム推進室へ申し込み

《問い合わせ申し込み先》
津南町地域振興課 グリーン・ツーリズム推進室 TEL.025-765-3115
http://www.iju-tsunan.jpn.org/top.php

詳しい情報は本誌をご覧ください『新潟発R』販売情報


5.上越市

 県の南西部に位置し、日本海に面している。戦国武将・上杉謙信公ゆかりの地として知られるほか、高田の雁木(がんぎ)、高田城百万人観桜会なども有名。海・山の幸の宝庫でもある。

交通アクセス 車:練馬ICから関越自動車道長岡JC経由、北陸自動車道
上越ICで約3時間30分
JR:東京駅から北陸新幹線で上越妙高駅まで約2時間
対象 上越市への移住を検討している人
利用期間 1日から1年まで
利用方法 事前に上越市ふるさと暮らし支援センターへ申し込み

《問い合わせ申し込み先》
津南町地域振興課 グリーン・ツーリズム推進室 TEL.025-765-3115
http://www.iju-tsunan.jpn.org/top.php

詳しい情報は本誌をご覧ください『新潟発R』販売情報


新潟発R応援団法人会員一覧 新潟県酒造組合 タカツカ農園 株式会社保苅米穀 六日町観光協会 新潟観光ナビ